内視鏡検査

当院の内視鏡検査について

当院では学会認定の内視鏡技師資格をもった看護スタッフの管理・介助のもと、内視鏡専門医が安全で質の高い検査を提供しております。

胃カメラ

胃カメラ

当院では従来の口から入れる胃カメラと、鼻からの胃カメラを行っております。
口からではなく鼻から5.4mmの細くて柔らかいカメラ(通常の胃カメラの約半分の細さ)を入れることで、オエっとならずに、検査中に会話をしながら安全に楽に検査を受けられます。
今まで胃カメラを受けて「辛かった、苦しかった」という経験のある方、そのようなイメージから検査を敬遠されている方、胃が気になる方など、気軽に鼻からの胃カメラを受けてみてはいかがでしょうか。経鼻、経口いずれの胃カメラの場合も御希望に応じて、鎮静剤の併用を行っております。

大腸カメラ

大腸カメラ

「大腸カメラ」と聞くと、つらくて、苦しい検査というイメージがあると思いますが、当院では腸を出来るだけのばさずに畳みこんで挿入する技術(軸保持短縮法)と少量の鎮静剤の併用により短時間で苦しくない検査を提供しております。
ポリープ切除についても最新の高周波焼灼電源装置を用いて出血の少ない安全な切除が可能となり、日帰りでの大腸ポリープ切除を行っております。
「以前受けてとても苦しかった」「時間がものすごくかかった」「大腸の途中までしかカメラが入らなかった」という方は、是非一度ご相談ください。
また検査前の下剤を飲むためのトイレ付個室を用意してますので、遠方の方や御高齢の方、初めての検査で不安のある方などはお気軽にご利用ください。

NBI拡大観察法

「最先端の内視鏡システム」を導入しております。
当院では、拡大倍率125倍の光学ズーム機能を備えたカメラと、狭帯域光観察 (NBI)を組み合わせることで、より精度の高い診断を行っております。
このNBI拡大観察法を併用することで、ポリープなどは組織を取らなくても概ね診断可能となってきました。
近年、がんは医療技術の進歩により、早期発見・治療することで治る病気になってきており、内視鏡検査はがんの早期発見に有効な検査方法のひとつです。がん検診をご希望の方や症状がある方は、遠慮無く当院までご相談下さい。


All contents copyright (c) よしの胃腸内科クリニック. All rights reserved.