お知らせ

H30年度の内視鏡検査実績を更新しました。

2019/01/09

平成24年開院時より年度毎の内視鏡検査件数の推移を示します。

平成30年度は上下部合わせ2409件の内視鏡検査を行いました。

(消化器内視鏡学会指導施設の認定基準は、上部1200, 下部250件/年 以上)

 

 

胃カメラ

大腸カメラ

ポリープ切除

平成24

577

338

87

平成25

1101

695

162

平成26

1218

815

120

平成27

1515

967

129

平成28

1621

1034

160

平成29

1478

1031

144

平成30

1440

969

171


インフルエンザの予防接種を開始しました。

2018/10/01

インフルエンザの流行は毎年1月上旬から3月上旬が中心であること、

ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、

12月上旬までの接種をおすすめします。年内は予約なしでも接種可能です。


胃がん内視鏡検診が始まりました。

2016/10/01

北九州市の胃がん検診は今まで「胃部エックス線検査」のみでしたが、

今年10月より新たに「胃内視鏡検査」が導入されました。

対象者は50歳以上で、受診料は1000円 (70歳以上は無料) となります。(2年に1回)

当院は胃がん内視鏡検診の実施医療機関に指定されております。

検査予約は電話にて可能ですので、どうぞお問い合せください。

お電話の際は、「北九州市の胃がん内視鏡検診希望」とお伝えください。

 


最新の内視鏡システムを導入しました。

2015/07/14

オリンパスの最新内視鏡システム『EVIS LUCERA ELITE』を導入しました。

 

 

 

 

 


ピロリ菌の有無を即日判定できる最新機器を導入しました。

2013/05/29

ピロリ菌に感染しているか、ピロリ菌の除菌治療が成功したかを

息を袋に取って調べる検査 (尿素呼気試験)の最新機器を導入しました。

絶食で来院していただければ、約20分で結果が判明いたします。

 


All contents copyright (c) よしの胃腸内科クリニック. All rights reserved.